EDO KIRIKO & THE UK江戸切子と英国

Horiguchi Kiriko would like to celebrate the unique historic connection that the traditional craft of glassmaking forms between the UK and Japan, to rediscover the wonderful culture of British cut glass, and to provide opportunities for the revitalization of cut glass.

この堀口切子UKウェブページは、 ガラス製造にまつわる英国と日本のユニークで歴史的なつながりを伝え、英国のカットガラスの素晴らしい伝統文化を再発見し、カットガラスを活性化する機会を提供することを目的としています。

NEW PROJECT

“First passed from the UK to Japan, the beauty of the craft polished in Japan returns to the UK once more”「英国から日本へ渡り、磨きあげられた技術と美しさを、また再び、英国へ」

Over the past few years, each time I have visited, the UK has become a special country for me. I hope to connect with many more people; my wish is that the people of the UK come to know Horiguchi kiriko and the Japanese art of cut glass, Edo kiriko. That this craft, first introduced to Japan by the UK, may return home to the UK again in its new form.
I want to pass this craft on for future generations.
And at this age, I have found a new dream: to teach Edo kiriko in the UK.
To breathe new life into British cut glass.

この数年、自分の中で、英国が行く度に特別な国へ と変わっていった。
より多くの人と出逢いたい、英国の方に江戸切子を 堀口切子を知って頂きたい。
また、英国から日本へ伝わったこの技術を、 里帰りさせて欲しい。 次の世代へ伝えていきたい。
そして、この歳になって、新たにできた夢。 英国で江戸切子を教えたい。
そして、「英国のカットグラスを復活させたい」 という夢になった。

Third generation master, Horiguchi Toru三代秀石 堀口徹
2021

NATIVE & COSTOCKIST IN LONDONネイティヴ アンド コー

native&co

Horiguchi Kiriko glass is available for purchase in the UK. We are delighted to continue our relationship with one of Toru Horiguchi’s favourite stores, Native & Co in Notting Hill, London, who have stocked Horiguchi Kiriko since 2016.

We have also embarked on a new joint project to create pure and natural products with the essential qualities our two brands share. This new line will be launched in spring 2021.

堀口切子の商品は英国でも販売しています。 ロンドン、ノッティングヒルにある、堀口徹が愛する店の一つであるネイティブアンドコーと2016年より継続して販売していることを嬉しく思います。 そして、2つのブランドが共感する、本質を大切にした、自然でピュアな商品を生み出す新プロジェクトを立ち上げました。 2021年春、新商品を発売予定です。

“Horiguchi Kiriko cherishes the spirit of tradition and the inherent beauty of glass. Its essence of wonder; the surprise and delight it brings” 堀口切子が尊重しているのは、伝統の精神とガラス本来の美しさ。
使い手を驚かせ、魅了するという本質。

“Native & Co believes in the beauty of simplicity, craftsmanship and honest materials.” Native & Coが大事にしているのは、シンプルな美しさと、クラフトマンシップ、誠実な素材。

2021

EDINBURGH COLLEGE OF ART
PROJECT 2021 Edinburgh Cut Glass Heritageエディンバラ・カレッジ・オブ・アート プロジェクト2021

EDINBURGH COLLEGE OF ART

Motivated by our longstanding regard for the UK, Toru visited the Glass department of the Edinburgh College of Art (ECA) in November 2019, as a continuation of our activities since 2015.

We aim to promote the rediscovery of the amazing culture of cut glass in the UK, and provide opportunities to revitalise cut glass as a trade. We plan to hold workshops, talk events, lectures, exhibitions, and sales, through industry-academia collaboration. We have begun to raise awareness of Edo kiriko and Horiguchi kiriko.

堀口切子の英国への想いのもと、2015年から続く英国での活動を継続させていくため、2019年11月、堀口徹がエディンバラへ渡りフィールドリサーチを行いました。

グラスを復活のきっかけを提供したい。 産学連携のワークショップ、トークイベント、講演、展示、販売を繰り返す。江戸切子、堀口切子の認知向上を図るためのプランを開始しました。

The British heritage of Edo kiriko英国からきた江戸切子

CUT GLASS ROOTS

Edo kiriko is the Japanese art of cut glass which originated from the city of Edo (present-day Tokyo). It is said to have first appeared about two hundred years ago, when Kyubei Kagaya, who ran a glassware shop in the Nihonbashi area, began to engrave glass. The ingenious cutting techniques he created were further developed and refined under the tutelage of British cut-glass engineer Emanuel Hauptmann, who was invited to Japan a few decades later to train artisans in the latest cutting technology.

The Edo kiriko of today is a fusion of the techniques of British glass cutters with the Japanese aesthetic sense. The beauty of Edo kiriko remains highly valued. It has been registered as a National Traditional Craft since 2002.

However, in the UK, cut glass factories have closed one after another, and glassmakers are losing their livelihoods. We hope to breathe new life into cut glass in the UK. Through workshops at universities and UK market development, we aim to exchange ideas with those who are interested in cut glass and would like to revitalise the craft.

How do we define British cut glass? How do we define Edo kiriko?

While honouring our heritage, we can create new traditions. It is possible to reinvigorate a craft that has fallen into relative disuse.

江戸切子とは硝子に繊細で美しいカットを入れる伝統工芸品です。 今から約200年前、 東京日本橋界隈で硝子屋を営む、加賀屋久兵衛が硝子に彫刻したのが始まりといわれています。 彼が生み出した精巧なカット技法は、後にカットの指導者として招かれた英国人エマニエル・ホープトマン氏の影響により、さらに洗練され美しく進化しました。 英国の硝子職人の技術が、日本の文化や職人達の美意識に影響を与えながら、今日の江戸切子は完成されました。その美しさは現代でも高く評価されており、江戸切子は2002年に国指定伝統的工芸品に認定されました。

しかし、現在の英国では、カットグラス工場の閉鎖が相次ぎ、カットグラス職人が職を失っています。 だからこそ、本場英国で、 カットグラスが復活して欲しい。英国市場開拓、大学など教育機関でのワークショップを足がかりに、「カットグラスって面白いな」 「復活させたいな」 という人たちと交流を持ちたい。

英国のカットグラスとは? 江戸切子とは?

伝統を大切にしながら、自分たちが新たな伝統を作る。
途絶えかけていたものが復活することは、不可能ではないのです。

PHILOSOPHYフィロソフィー

“For me, shared values are the most important thing.” 「もっとも大切なのは、価値が共有されていること。」

“Keep what is worthwhile. Add essential elements.
Dare to cut out what is superfluous.”「価値あるものは残す。必要な要素は加える。余計なものは、勇気をもって省く。」

JOURNEY英国の活動